ファクタリング契約までの流れは?

ファクタリングを即日で利用しようと思い立ったはいいものの、実際ファクタリング会社と契約を結ぶまでにはどういった流れになるのか、気になりますよね。これまでご紹介してきた通り、ファクタリング自体は金融機関の融資と異なり、審査もさほど厳しいものではなく、すぐに契約が終わります。まず必要になってくるのは、何百社ものファクタリング会社の中から、あなたの状況にあった会社をきちんと見極め、契約することです。入金までにかかる時間や手数料、限度額の違い、審査の厳しさなど、各社によってそれぞれ特徴があります。ですからそれらの特徴を吟味し、何社かで見積もりを取ることが必要となってくるのです。

各社の違いを見極めるには、合い見積もりをすることが有効です。合い見積もりは、Web上の申し込みフォームか電話で取ります。よほど急ぎの場合でない限り、データとして記録に残り、他社との比較が容易なWeb上での申し込みがおススメです。合い見積もりを依頼するためにはまず、各社の申し込みフォームに自分の情報を入力して送信します。営業日であるかにもよりますが、普通はすぐファクタリング会社から電話やメールで、本人確認のようなものが行われます。その後仮審査、本審査を通じて契約をする流れになります。

数社に合い見積もりを依頼すると、仮審査の段階で似たようなことを何度も確認されたり、聞かれたりすることもあります。一見面倒に感じるかもしれませんが、やり取りからその会社の対応を確認できるチャンスでもあります。電話メールでのやり取りを通じて、ファクタリング会社の良し悪しを判断しましょう。本審査を終えると、手数料や買い取り可能額などの重要な情報が得られるので、自分の会社に最適なファクタリング会社と最終的な契約を結べるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です