あの時ファクタリングを知っていれば…

ここでは、とある社長の身に起きた悲劇をご紹介します。
何とか資金を調達しようと金策に駆けずり回ったものの資金の工面はできず、結局黒字倒産という形になってしまった社長がいました。その社長は社員のことをいつも気にかけていて真面目、それでいて豪快な親分肌で、周囲のさまざまな人から好かれていました。

社長は神妙な面持ちでこう言います。「あいつが会社をつぶしたんだ」自分の見えないところでそんな風に言われていることが本当につらい。どうしてもという時は銀行が何とかしてくれるから、金策なんでどうとでもなる、そう考えていたが本当に甘い考えだった。そんな自分の情けなさと言ったら…。家族が俺のことを変わらず信じ続けてくれているのは救いだが、急に働き口がなくなってしまって迷惑をかけた社員たちには申し訳ないという気持ちで一杯だ。

ファクタリングを即日で-急ぎの資金調達を解決する秘訣をご紹介

勿論、経営者に親身になってくれる銀行もありますが、銀行には良い時にはすり寄ってきて、悪くなると離れていってしまうようなイメージがあるのも否めません。とはいえ、銀行だけを資金繰りや資金調達のあてにしてしまう経営の仕方は、かなり危険だと言えます。会社を経営していると、思いがけない出費、それに伴う現金の不足、取引先企業からの支払いが遅れるという急な依頼…そういった不測の事態は少なからず起こってきますし、それに対応しなければ会社の経営は成り立ちません。そんな時に、負債を抱えず、金融機関に頼らない、「ファクタリング」を知っているかどうか、会社の経営においてこれは大きなポイントとなってきます。もし前述の社長がファクタリングを知っていれば、その結末は全く違っていたかもしれませんよね。

会社の「もしも」はもしかしたら近くに潜んでいるかもしれません。そんな時にこのサイトで紹介したファクタリングを思い出してみて下さい。そしてその情報があなたの経営に役立つことを心から願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です