悪質なファクタリングにご注意!

今日、巷には多数のファクタリング会社があります。大部分のファクタリング会社はきちんと誠実に事業を行い、沢山の企業や会社の資金調達のために活動しています。ですが、少数ではありますが、良い噂を聞かない、俗に言う悪徳企業のような会社も残念ながら存在し、業務を行っています。資金面での困難を乗り越えようとファクタリングを利用したのに、そういった業者に騙されてしまった…。そんな風にはなりたくないですよね?ここでは、悪徳業者に騙されないためにはどうしたらいいのか?会社の良し悪しをどうやって見極めればいいのか?についてご紹介していきます。

悪徳なファクタリング会社が行っている主な手口はいくつかあります。まず、「手数料が格安であることを押し出す」手口です。3社間ファクタリングですと手数料の相場は5%程度とある程度安価で取引が行われますが、リスクの高い2社間ファクタリングの場合は、手数料の相場は10~30%と割高になります。にもかかわらず、悪徳なファクタリング会社は2社間ファクタリングであってもかなり安価な手数料を押し出してくるのです。これは経営者を食いつかせるエサのようなもので、実際は審査も終盤になり、契約間近の時に、こんな風に言ってくるのです。「契約まであとほんの少しだったのですが、最終審査に通りませんでした。売掛先の企業に○○といったリスクが見つかってしまい、このままの状態では契約は不可能です。ですが、手数料の引き上げて頂ければ、そのリスクをうちが負いますよ」。

最初のうちは簡単に審査に通るような印象を持たせる甘い言葉をかけ、こちらが安心したその段階で、このような言葉をかけてくるのです。審査も終盤の段階ですから、他社への支払いやあなたの会社を運営する資金も少なくなってきており、できる限り早い入金が必要な状況になっているはずです。他に打つ手がなく、結局高い手数料を支払うことになってしまう訳です。ファクタリングの即日の振り込みを希望する弱みに付け込まれないようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です